「地域ICTサミット2017」に出席しました

「地域ICTサミット2017」に出席しました

3/9(月) 東京ビックサイトで総務省主催の「地域ICTサミット 2017」が開催され、
「ICT地域活性化大賞」の表彰式や、プレゼンテーション、パネルディスカッションが行われました!

※ICT地域活性大賞とは??
ICT(情報通信技術)を活用して、地方が抱える様々な課題を解決し、自律的な創意・工夫に基づくICT利活用を行っている地方公共団体、地域団体、民間企業等を表彰し、
受賞した事例は、今後、総務省のサポートを受けて、全国各地域への普及が図られることになっています。

見事、「大賞/総務大臣賞」を受賞したAsMama!!代表の恵子さんが表彰状と、記念のトロフィーをいただきました。

AsMamaに続いて、優秀賞4団体
① ひぐまっぷ:ICTを活用したヒグマ出没情報収集と共有の取り組み
【森のくまさんズ】〈北海道森町 他〉

②ICTクラウド活用で急性心筋梗塞などの救命率をUP!
【福井大学医学部附属病院、金沢大学附属病院救命センター】〈福井県・石川県〉

③ICT活用による新しい地域モビリティ
【北海道天塩町】〈北海道天塩町〉

④日本の川・地方を豊かにする遊漁券オンライン販売システム:フィッシュパス
【株式会社フィッシュパス(本社:福井県福井市)】〈福井県福井市 他〉

他、効率化賞1団体、奨励賞6団体が表彰されました。
※「地域ICTサミット2017」詳細、受賞団体はこちら→総務省サイトへ

 

受賞プレゼンの前に、80歳を過ぎてからプログラミングをはじめて、シニア向けのゲームアプリ「hinadan」を開発した若宮正子さんの特別講演がありました。
シリコンバレーでAppleのティム・クックCEOと面会し、WWDCの基調講演も行った若宮さん、パワーみなぎるプレゼンと、メッセージは圧巻でした!

そんな若宮さんと、恵子さんの記念の1枚をパシャリ📷
パワフルですがとても可愛いらしい若宮さん、いくつになっても新たなチャレンジをし続ける女性、憧れます・・・!

表彰の後、各受賞団体のプレゼンテーションが行われました。
今回受賞テーマとなった自治体協働や地域コミュニティ創生をはじめとしたAsMamaの取り組みを紹介。
恵子さんの熱の入ったプレゼンに、聴講者の皆さんも熱心に聞き入って下さってました。

 

各受賞者のプレゼンテーションの後で、聴講者の質問をテーマにパネルディスカッションが実施されました。

さすが、ICT大賞!会場からの質問を匿名で受付る 「sli.do」というサービスで質問を共有。

たくさんの質問や疑問、共感コメントがパネルに次々に表示され、 AsMamaにも、収益モデルやコミュニティつくりに対する多くの質問が寄せられていました。
地域で活躍しているコミュニティリーダー=ママサポさんの育成や活動への質問もあり、ママサポ活動への興味、関心の高さも実感。

会場から受賞した団体同士の協業提案があったり、閉会後に様々な自治体さん、団体さんとのコミュニケーションも取れたりと、今回のシンポジウムをきっかけに、更に新たな取り組みや出会いが広がるイメージも持てた1日でした^^